クリニックでの仕事とは

クリニックでの仕事とは

クリニックでの仕事の傾向

クリニックは一般的に診療所、医院等と呼ばれており、多くの場合入院施設のない「無床」となっております。なお、1床以上19床以下の診療所を「有床診療所」と呼びます。

多くのクリニックは「かかりつけ医」として、近隣にお住まい、ご勤務の皆様のプライマリケア(初期診療)を担っています。

診療科目別では、特に内科領域のクリニックが多く、外科領域では整形外科クリニックが多いという傾向があります。

内科領域のクリニックでは、主に風邪や頭痛、腹痛などの急性疾患の他、糖尿病や高血圧といった慢性疾患の診療を主に行っております。

また消化器内科では、胃カメラや大腸カメラといった内視鏡検査にも力を入れているクリニックが多いと言えます。

診療している医師は管理医師である院長が1人のみというクリニックが大多数です。
在籍している看護師さんも常勤、非常勤を合わせても数人というクリニックが多いです。

なお、無床ということで入院設備を持つところは少なく、軽微な日帰り手術以外で大きな手術に対応しているところは殆どありません。


クリニックでの仕事とは

看護師さんの仕事は院長の診療補助がメイン業務であり、そのクリニックごとの専門領域によっても異なります。

数的にも最大である内科クリニックでは主に血圧や体温等のバイタルサインの測定に始まり、各種検査の説明や診療・検査の補助、注射、採血、点滴などの看護業務に関わることになります。

さらにクリニックでは国公立病院や大学病院、総合病院等では考えられない業務の守備範囲があります。

例えば心電図の測定やレントゲンの現像の他、点滴や注射等の処置を行う一方で、初診患者さんのヒアリングから検査器具等の洗浄消毒、さらには電話の対応、診療前後の清掃等までも行わなければなりません。

一つの分野に特化して看護する病院とは異なり、看護以外でクリニック運営にかかわる多種多様な業務をこなす「胆力」が求められます。

しかしながら院長としっかり連携して診療が行えること、また患者さんの日常も含めた全人的な看護ができることこそがクリニックでの看護師としてやりがいの一つといえるともえいます。

さらに地域の老若男女を問わず、多くの皆様に寄り添った「良き健康の相談相手」となれることもクリニックの看護師さんの醍醐味といえます。